2009年1月15日 (木)

SPAIN 旅行記 ガウディはすごい。

Img_1472

Img_1468
Img_1480

Img_1475  
Img_1485Img_1490  
Img_1493_2

Img_1473Img_1496

Img_1470

 

バルセロナで一番ぶっとんだ場所、 

『グエル公園』 

紛れもなく、おとぎ話の世界。。 

ファンタジー全開。。 

わくわくしまくる。

こんなところで子供時代過ごせたらそりゃもう想像力豊かな大人になりそうな、、 

そんな場所です、一日中いれるよ。 

是非、いってみてほしい。 

感動する。 

ガウディ ...すごいな。   

 

200901150156000_2

 

 

バルセロナに5日間いたのち、パリへ。 

旅の最終目的地。ここが一番大事な場所だった。

それは、次回〜。

 

scissors 

200901150156000

 

 


| | コメント (0)

2009年1月10日 (土)

ヨーロッパ旅行編 イタリア/ROMA

 Img_1208Img_1206   

Img_1217_2

Img_1123

Img_1109  

Img_1133

Img_1163

Img_1135       
Img_1225Img_1220   

Img_1191_2

Img_1129Img_1084_2

ざっとイタリア。 

ROMA

旅中アップできてたからさくっといきましょう。 

イタリア人ってなんかね、明朗快活な感じの人が多かったよ。  

イタリア語(英語しゃべる人あんまりいなかったの)でハキハキチャキチャキしゃべるからはじめちょっとびびるけど、でもあっけらかんっとしてて裏表のない感じ。  

でもって、ビクッてするくらい声がなんかでかい...。  

イタリア人の殿方はですね、お噂どおり、

あなたかわいい、さいこー、日本人の女の子びゅーてぃふぉー、デートしよ、美味しいカルボーナーラの店知ってんねん、いつする? 

って具合に笑けるくらい挨拶がわりにゆうてくれます。   

もてた気がしたローマ。ありがたい。 笑  

 

ローマは住みやすそうだたよ。こぢんまりしてるしね。綺麗だし。  

 

Img_1301_3  

 

5日間、HYST家にお世話になりました。

HYST!あやさん!グラッッッッチェ!!!heart04 

HYSTとの例の曲、アルバム入るよ〜。 

切ないロマンスな曲だよ。お楽しみに。

HYST マイスペース  

 

CIAO~!!! 

(みんなチャオチャオってゆっててすごく可愛かった。すっかりお気に入り〜)

 

でわ、次、スペインいっとこか〜 

 

 

| | コメント (0)

2009年1月 7日 (水)

エジプト旅行記 3  最後の夜... 編

Img_1022
Img_1021
   
Img_1049   
Img_1039
Img_1044
Img_1045Img_1043
Img_1047_2

Img_1053

Img_1041_2  

Img_1027_3

Img_1030_10

Img_1035_12

Img_1052_2

Img_1019

Img_1064_2

Img_1056

Img_1057_3

Img_1062Img_1067

Img_1061_2

Img_1069_2

Img_1073

 

12/1〜12/10. 

エジプト10日間の旅。

カイロからアスワン、ルクソールと列車で移動し、また首都カイロに戻ってきた。

最後の夜はちょうど 犠牲祭

この日は4日間羊を食べまくってお祭り騒ぎなんやけど、

カイロの街はえらいことになってたね。

あれ、女1人で絶対歩いちゃダメネ。確実に無事では帰れないあるね。 

犠牲祭じゃなくてもエジプトは痴漢多いのょ。 

おしりむぎゅ、おっぱいむぎゅ、突然される。shock

そこは日本語でいいからはっきり怒らないと彼らは加速する〜。

日本人女性は何してもおとなしい、なんてイメージがやはり強いみたいなので。 

外国にいくと得に意思表示ははっきりしなきゃなぁと思わさせられるよ。

でも、ガイドブックにのってるような意地悪なエジプト人はわたしはほぼ出会わなかったな、てか、逆にめっちゃ親切やったけど?ほんまに親切な人なんやろうな、って人にいっぱい会ったもん。 

きっと旅をする側の意識の問題もある。   

さて、 

エジプトは90%以上がイスラム教徒。

だから見かけた女性はほぼ、スカーフを頭にまいたり、全身隠したりしていた。 

イスラム教徒の女性に対して勝手にファッションも保守的なイメージを抱いていたわたしは、彼女達の抜群なセンスに驚いたribbonboutiquerouge 

スカーフの色と小物の色を合わせるのは基本、全身真っ黒の布に覆われててもポイントにストーンをつけてキラキラさせていたりね、下着やさんなんかはめちゃくちゃ大胆なパンティとか売ってんねん。。 面白いよー。  

隠れてるほど中身が気になるのね。男性心理がなんかわかったleo  

それから、美とゆうものは、姿勢だったり、佇まい、瞳だけでも、、しっかり表せるものやねんなぁと女性としてお勉強になったね。shine   

通りすがりのジャパニーズガールに、ウインクしてくれたり、恥ずかしそうにハニカミながら手をふってくれたり声をかけてくれたり、笑顔をふりまいてくれるエジプトの女性はとっても可愛かった。  

次いったときはもっと女性達とお話ができるようになりたい。 

 

今回の旅airplane

空港についた瞬間、舞い上がりすぎてrunrunrun 

パスポートをいきなり税関で忘れたりsweat02 

食中毒になったりsweat02 

馬と体当たりしてみたりsweat02  

いろいろあった旅やったけど、また絶対行きたい。  

 

I  Love Egypt heart

 

私が無事だったのは彼のお陰です。お世話かけっぱだたねsweat02

もっとしっかりしなきゃだめだよ〜...を口癖にさせてしまったなcoldsweats01 

yurusitechonmage!!!chick 

Img_0879
   

丈! arigato!!! 

 

想像を遥かに超えて魅力的だったエジプト。 

 

少しはエジプトとゆう国のバイブスが伝わったかな。 

 

興味があったらいっぺんいってみて。  

 

文明に触れるのはいいぞっ!!!

 

次はヨーロッパ旅行記をかくよ〜。 

 

ばいん。 

 

kissmark

 

200901071851000

 

| | コメント (0)

2008年12月31日 (水)

エジプト旅行記2 ふりかえりまくってみよう!

Img_0822_2 

Img_0820_2  
Img_0828
Img_0847 

Img_0970
Img_0968
Img_0993 

Img_0976

Img_0973

Img_0998

Img_0999

Img_0997

Img_1002_2

Img_1006 

Img_0978

Img_0981

Img_0986_2 
  Img_1005_2_3

Img_0988_4 

Img_1007_4

Img_1008

Img_1010

Img_1011

Img_1012_2
Img_1013  

Img_1014_2

 

Img_1018

(L→R/tabibito x ,将軍,けんちゃん,丈)

 

”人生とは旅のようなもの”

よくある言葉かもしれへんけど、この台詞はやはりバッチリはまるYO。

人はみな流浪の旅人。出会い別れ学んでいくのでしょう。confident

新しい世界に飛び出すと、それが凝縮してやってくる。 

今まで自分がいた世界では決して出会わなかったような人と出会ったり、

自分の感覚が研ぎすまされてる分、無意識に通り過ぎていたような人達と接点を持つ事ができたり、とにかくたくさんの人に出会うことができる。

じきにそれぞれの道へ出発する時がきて別れは訪れるけど、

最後は固い握手を交わし、いつかの未来に再会を約束する。

 

次、会うときはお互いに成長した自分で会おう

 

そういって別れた旅の一コマ。ぁぁ、旅って..いい。。

偶然出会った全然ジャンルの違う人種が集まってなんの話をするかとゆうと、意外に共通点があったり、考え方が180度ちがったり、楽しい事はやっぱり互いに楽しい!ってワクワクしあったり、綺麗なものを見て一斉に言葉を失ったり、、

私たちは単純に、ただ人間同士、感じ合うまま、短い間だったけどいい時間を過ごせたね。

そして、ジャパニーズ侍達が見守ってくれてたので乙女は安心でやんした。

少年の心を持つ私でもやっぱ見た目はいちお、女。。1人じゃ怖いときもたくさんあったから。

さらにはわたしは中盤、マンゴジュースかラム肉かにあたって嘔吐と下痢&ハードすぎる腹痛の中..みんなのアドバイスを無視して遺跡を必死で見に行ったりして、、ngならしまいに高熱が出て、倒れた。バカチンdeathweep

でもけんちゃんと将軍はたまたまお医者さんの卵、丈もいっぱい面倒みてくれて..

ほんと心強かったよ。一人ぼっちだったら地獄だったshock

わたしは今回、旅の神様が絶対ついていたとおもう。

困った時、絶対だれかに助けてもらった。

救世主みたいな人が毎回、絶対に現れてん。

それってすごくない!?

自分の旅運にピースを送りながら、みんなに心から有り難う。

 

ブログみてくれてたらいいな。

いつか、絶対、また会おうね。

nori.

 

| | コメント (0)

エジプト 旅行記1 ふりかえってみよう!

 

Img_0764
    Img_0769_3

Img_0792

Img_0793

Img_0797

Img_0785_2

Img_0801
Img_0807

Img_0739_2

Img_0803

 

Img_0802_2

Img_0752_2

Img_0753_2

Img_0851_2

Img_0867

 

Img_0869

Ejypt_2
Img_0905
 

Img_0900 

Img_0892

Img_0939

Img_0943

 

Img_0946

Img_0951 Img_0963 

Img_0967_2

Img_0910_2 

Img_0918_4

Img_0846

Img_0844Img_0845

 

Img_0833

 

エジプトは、いったことがない人にはきっと未知な世界だとおもう。

わたし、旅立つ前にガイドブックみてもみてもよくわかんなかったもん。

だからどんなところか少しでも伝えたくて、約400枚!?ほど撮った写真の中から抜粋してお届けしてるんねんけど、、、。

何回かにわけてアップする。

ここでは、エジプトの首都カイロ→アスワンって街までの景色や出会った人々をのっけたよ。

アスワンへは列車で14時間かかった。

1stクラスのチケットがいいってゆうからとったら、それはもう1stクラスと呼べるような居心地の良さぢゃぁない。bearing 日本と比べちゃだめネ〜、いちお個室なんやけど、知らないおじさんと真っ暗な中、背もたれが動かない固い椅子の上に仲良く隣同士で寝るねん。。

でも朝日の美しさと景色にやられて感動と興奮の14時間shine

このアスワンって街がわたしは一番居心地がよくて好きやったな。

ナイル川の上にフルーカで飛び乗った時はさいこーな気分やったよ。

ナイル川、ほんまおっきぃねん!

そして、エジプトの子供達は果てしなく元気!

気がつくと取り囲まれてる!

女の子達は目が合うとほっぺにみんなチューしてくれるねん。kissmark 

なぜか、大スターばりの扱いをされます。笑  

 

さて、

このあと、マンゴジュースにあたって私は倒れます、続きは次回。

scissors

 

| | コメント (2)

2008年12月29日 (月)

時差ボケ!!!

ああ、寝れまぺん。。。  

うたた寝しては起きての繰り返し。。

おフランスはいま夜23時、この時間活動しまくってたから。。

そりゃ寝れない。

ハンガリーにいてるお友達とスカイプってたら余計寝れなくなった。

しかしスカイプってほんま便利やな。今回の旅でかなり助かったよ。

パソコン持っていかなかったから、わたしインターネットカフェの達人になった。

まぁ国によって、使い勝手が違いすぎて、慣れるまで不便だったけど。

エジプトはやっぱいちいち遅いし、表示がアラビア語だけのところもあってわけわかんないの。

スペイン語もフランス語もイタリア語もわかんないけどね。

フランス人はフランス語しかしゃべらないってゆうけど、そんなことない、

スペインもイタリアもエジプトもみーんなっ、だいたい母国語でしかしゃべってくれないよ!

スペインは英語かなり通じなかったし、単語を聞き取る事も不可能な人が多かったよ。 買い物たいへんだった。でも、スペイン語は日本人には覚えやすそう。
言葉のニュアンスがかわいくって楽しい。オラ!とか、Si ! とか音が好き!

短期間であれこれ国を変わったからまず言葉を覚えるのが大変だったけどなんとかなるもんだね。だんだん感覚でなんとな〜くわかってくるようになる。

とりあえず、挨拶と数字と、道を訪ねる言葉と、喜怒哀楽の表現を単語でおぼえとけばなんとか。あとはダメもとでしゃべりかける勇気があればまあいける。

たまにすっかりまちがって理解し答えてる時もあったけど 苦笑

でも、特にわたしは親切な人にばかり出会ってラッキーだった。

また、旅のフォトをいっきにアップするねー。

みんなにお土産話しなきゃ!

あ、夜が明けてきた。。寝なきゃ!

おやすみぃ。 

 

Img_1421

@La Rambla Street/ Barcelona

| | コメント (2)

2008年12月28日 (日)

ただいまーーーーー!!!

時差ボケです。

じぇんじぇん寝れてません。

ぅぅ。

携帯の充電器かいにいきました。

もう携帯のほうつながります。

今日は家でひたすら作業しています。

なんかあったら連絡ください。

途中、意識を失ってても起きますので、ようしゃなく、起こしてください。

よろしくぅ!

日本 さむいよ、、。

| | コメント (0)

PARIS後半戦 その3

 

と いいたいところだけど、わたし、もう行かなくてはなりませぬ。

実は、今、インターネットをしてる場所はもう ソウル ねん。

27日の昼間にパリを発って10時間。

遅れて到着。

乗り継ぎ便に間に合わず、4時間待ち。

その間に たまっていた 写真を アップしまぴた。

本当は出発する前に 落ち着いて いろいろと振り返って書きたかったんだけどl、

ゆっくり時間がとれなかった。

書き出すととまらなくなりそうだったから。

合計28日間のわたしの旅、

エジプト→イタリア→スペイン→フランス 

と、怒涛の日々でした。

よくもまあ、こんな短期間でこんだけ国をまわれたなぁと、

振り返ってびっくりする。

事件だらけの毎日でした。

実はパスポートなんて旅中、2回も失くした。。。

はじめはなんと、エジプトに着いた瞬間、税関で置き忘れてきたからね。。。

わたしは ここまで あほ だったかと。

自分が怖かったです。。

でも旅の神様は味方してくれたよっ、2度も見つかった。 

 

しかしまぁ、わたしは自分を見くびりすぎていたさ。汗

1人じゃ全然だめ!

いつも、旅先で、誰かに助けてもらって乗り切ってました。

ほんと 感謝 感謝 感謝ばかりです。

 

旅が後半にいくにつれ、考えることが増えてきて、頭がぐるぐるになったときも

あったけど、この旅の中で出したかった答えをそれなりに出せたと思う。

正解か不正解か今はわかんないけど、どちらにせよ、私が選ぶ道はいつも絶対間違っていない、と信じる勇気をもらえた。

それは また 日本に帰ってから落ち着いて記したいと思う。

ひとつゆうなれば、

わたしはわたしであること を もうとっくに知っていた。

てゆうか、そればかり考えすぎて周りが見えていなかった。

世界は膨大なり。

 

そんなところです。

14;25 の飛行機に乗って日本へ帰国します。

 

ひとまず、

 

ciao!!!

 

 

| | コメント (1)

PARIS後半戦 その2

Paris_006   

 

意思があれば

   

Paris_009_2  

 

叶わないことなど

 

Paris_012_2

  

ない!!!

 

 

と 

 

 

確信。

 

Paris_007 

 

だって、わたしはまたこの場所に戻ってこれたよ。

 

大好きな 

モンマルトルの丘。

 

前、初めて行った時と、同じ道を歩いて、同じカフェに入って、同じようにクレープを食べて、パリを見下ろした。  

 

  Paris1

 

1ヶ月前と同じ景色なのに面白いほど違って感じたよ。

またこの場所に来れたことが嬉しくて、と同時にいろんなことがフィードバックして

少し切なかった。

どうやら、パリにきてからセンチメンタル病にかかってしまったみたい。

旅の終わりを感じてなのか。

まだ、日本に帰りたくない、、、と思っちゃった。

 

この時は。。ね。 

 

今回は 記念に 似顔絵を 書いてもらったよ。

今のわたしを描いといてもらおうとおもって。

うん!

Paris_008_2  

 

似てへんってば!!! おいちゃん!!!笑

 

微妙すぎる。。。

ま、これもよしとして。 

 

そして、前回のパリで出会った、Emilie!!!

とまた会えた。 

Paris_010

 

彼女はフランスと日本のハーフ。来年から服飾のお仕事につく (omedeto!!)

彼女のハンドメイドのコルセットはおしゃれで可愛い。

いつかライブできたいなー。

エミリー、また会いましょう。

 

Paris_011  

  

モンマルトルの丘編終了。 

 

まだまだ続く

| | コメント (0)

PARIS後半戦 その1

Paris_001  

 

パリはクリスマスの1週間くらいまえから年末にかけて

シャンゼリゼ通りがキラキラキララン。

いってみた。

25日は1人で部屋かネットカフェの往復だったんだけども、

そんなわたしを不憫に思ってか、0時前に誘ってくれたお助けマンがいましたTT

切ないほどに美しい。  

王子様に耳元で”アモール”と囁いてほしくなるよ。

クリスマスあたりのパリはやはり、ロマンティック度が振り切ってます。 

 

Paris_003_4

 

むこうに凱旋門がみえるのわかる? 

あぁ、パリっぽい。

Paris_004  

 

わたしぜんぜん知らへんかったんやけど ここ、名所やって。

マカロンの有名なお店、”LADUREE” ラデュレとゆう。

いつも行列みたい。東京に最近できたと。

 Paris_005

わたしはもう夜おそかったので少し待って入れました。

マカロン嫌いだったけど、

大好きになった!

だって、ほんとおいしいんだもん。ピスタチオ味とマンゴ味!最強!!!

そりゃ名所になるわ。感激した。

Parisっぽい夜を過ごせて大満足。

その日は朝から、なんだかちょっと落ち込んでたので、元気がでたよ。

女子はロマンティックなバイブスが エネルギーになるんだねー。

 

| | コメント (0)