« まるでキャンディのような | トップページ | からだがどうやら »

2009年1月 6日 (火)

大事なこと

Img_1736_2  

 

京都からの黒船御一行さんとマンハー@pureいってきたよ。

わたし、、はぢめていった。。。

いっつもDJヤズちん誘ってくれてたのにずっといけてなくてごめんね。

人いっぱいだったー。 

でも、わたしはもう帰ってきちゃいました。。。ごめん。。

制作したかったのpencil 

 

今日はね、御霊神社にお参りいきました。 

わたしにとって良い神社さんやねん。

手を合わせてから渾身の気合いでひいたおみくじ、、、 

 

えへへー upwardright

 

” 大吉 ”

 

 

あ、ゆっちゃったら効果ないのかな。

でも、すごくいいことばっか書いてあってあがた。  

 

そして最後に 

 

「心も言葉も皆朴に保つべし」

 

と締めくくられてた言葉をよく考えた。 

 

わたしはね、素直だけが取り柄な人間だと自分で思っている。てか、それがぜってーまちがいないっしょ!と生きてきた。駆け引きは苦手。思ったことはストレートに率直に伝える。嘘はつかないつけない。それのどこがあかへんの?と。 

 

でも、

素直すぎることは、人の心に土足であがってしまう時もあるんだ、

と 旅で学んでんよ。 

 

だけど、素直だからこそ、ありのままでぶつかっていくからこそ、人の心に近づけるときもある、、とも思っています。 

 

ただ、大事なことは、まず、相手の立場にたって考える事なんやと。

自分の想いや心ではなく、相手の心を先にみることが必要なんやと。

 

自分自身をいくら熱く激しくぶつけても、それは果たして相手にとって必要なことなのか、もしかしたらそれは今、やってはいけないタイミングなのかもしれないし、傷つけてしまうこともあるかもしれない、と。 

 

生い立ち、環境、国籍..人の数だけそれぞれの痛みや悲しみ悩み求めてるものがあるとゆうこと、わたしは旅でたくさんの人に出会って、1人の人に出会って、

考えた。1周も2周もぐるぐるぐるまわった。だから、

このおみくじの言葉はわたしにとってはとっても深い。 

 

ただ素直であることに突っ走るのではなく、 

つまり...、自分自身は常に素直を保ちながらも、思慮深くあること。 

 

伝わるkana..

わたしに足りひんかったものだeye 

詩を書く人間として、情けない。

気づいてるふりをしてるだけだったかもね。 

思い起こせば、今まで忠告してくれてる友はいっぱいたな、

だけど、”大事なこと”って自分で真剣にぶつかって理解して気づかなければ、

うまく実践できない..。  

2009年は本当の意味で "素直でありつづける自分"  でいろんな物事、周りの人々に接していけたらなあとおもっちょります。 

やっぱり、年明けたらお参りにはいくべきですね。 

心がシャンとしました。 

でわ、そんなフレッシュな気持ちでいまから制作します。 

今日は真面目に自分の事を書いてみました。

長くなっちゃったねspa   

でわ。

cat


 
 

|

« まるでキャンディのような | トップページ | からだがどうやら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まるでキャンディのような | トップページ | からだがどうやら »