« 愛のはじまりを予感する時 | トップページ | 限りの中で »

2009年1月30日 (金)

詩人のことば

Kai  

 

わたしは言葉を扱う職業についているけれど

時折、言葉の無力さに愕然とする時がある。 

言葉は心を伝えない。 

知ってる限りのありとあらゆる彩りを要して、 

上手に伝えようと努力をしたにも関わらず、 

自分の心を離れた瞬間に言葉はもう自分のものではなくなって、 

相手の心の扉の前に届く頃には恐ろしく形を変えている。  

いつのまにか

わたしは言葉を伝えることにとても臆病になってしまって、  

おろおろと 

日々、放たれた心の行方を探して彷徨っている。 

言葉と心のジレンマに    

つまづき、傷つき、戸惑いながら

それでもこの心を言葉に変えて放つことをやめないのは 

どんな言葉にも真実が含まれていると知っているからだ。 

しかし 

その真実が埋もれてしまうことの、なんと多きこと。  

いったりきたり、寄せては返す蒼々とした波の中で 

わたしはもう何度も溺れそうになるのです。   

苦しくなって ちっぽけになって 貝殻のように 

砂の隙間に潜り込んで長い夜に横たわる。 

 

 

「伝えられなかった心にこそ 最も大切な何かがあるのではないか。 

それがお互いを守るのではないか。」 

 
 

わたしの大好きな詩人、銀色夏生さんがおっしゃる言葉が 

今のわたしのすべて。  

言葉は心を伝えない。 

だけど 

言葉を紡ぐ詩人に 

わたしの心は救われる。 

 

 

|

« 愛のはじまりを予感する時 | トップページ | 限りの中で »

コメント

これからは一人の気持とか真剣に考えなきゃですね。

投稿: 17 | 2009年1月30日 (金) 20時20分

何を伝える、伝えたいよりも、良い言葉を選んで表現するよりも、もっともっと大事な事、貴方という他に二人といない者が言葉を発するからそこに意味が生まれて来るんだと思います。なんだかんだ根底を探し回ってもそこに答えはなく、ありのままの貴方が素直な言葉をぶつければ、そこに輝く幾つものお返しが必ず返って来ると思います。貴方は貴方が思ってる以上に魅力があり、それを感じる沢山のファンが居ますよ(^^)今は無の心で突っ走って下さい。そこに完成したAlbumはきっと貴方の再スタートを知らす素晴らしい作品になるでしょうから♪

投稿: ポジティブ | 2009年1月30日 (金) 20時34分

泣ける.. てか 泣いた。  
  
考えすぎるのね、最近。そんなことあたしには不得意なのに。 
 
さんきゅ。

xxx.

投稿: x | 2009年1月31日 (土) 02時58分

貴方の心に僅か足らずでも、言葉が響いたのなら幸いです。きっと貴方の本当の姿や心は、周りが感じるような様ではないのでしょうね。とてもとても繊細で、弱く儚い。周りの優しささえもどこか疑ってしまう。別人を作りあげてしまった今の貴方。本当は凄く凄く寂しくてたまらないんじゃない?嘘偽りのない真の貴方が、本音でぶつかれる場所ありますか?この先涙を我慢しないでね。無駄にしないでね。弱い女性で良いのだから。もし貴方に手を差し伸べる事が出来るのなら…

そっと抱き寄せ、ただ何も考えず眠らせてあげたい(^^)

投稿: ポジティブ | 2009年2月 5日 (木) 06時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛のはじまりを予感する時 | トップページ | 限りの中で »