« 胃ももたれるっちゅーはなしで。 | トップページ | 詩人のことば »

2009年1月29日 (木)

愛のはじまりを予感する時

200901291352001

 

「 愛のはじまりを予感する時 」 

 

あなたに守られているのに 
 

あなたに忘れられているようで悲しい 

 

 

あなたに愛されているのに 
 

あなたに捨てられているようで悲しい 

 

 

それは愛が終わりを内包しているものだからだ 
 

愛のはじまりを予感する時は 
 

愛の終わりを覚悟する時 

 

 

終わりのない愛はない 
 

愛が続いているようにみえても 
 

それは形を変えただけ 
 

だが、愛にもいろいろな種類があって 
 

永遠の愛に生きるということも不可能ではない 
 

瞬間が永遠であると自覚しているなら 

 

 

 

by:銀色夏生

 

 

 

 

|

« 胃ももたれるっちゅーはなしで。 | トップページ | 詩人のことば »

コメント

この人のいうとおりだよね。ひきずってても先にはいけないし終わったけど次に新しいのを見つけにいけばいいよね。

投稿: 93 | 2009年1月29日 (木) 19時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 胃ももたれるっちゅーはなしで。 | トップページ | 詩人のことば »