« | トップページ | »

2007年10月 4日 (木)

パリから。。 

友人が帰ってきました。

6年ほど、フランスにいって画家として頑張ってる彼女が一瞬、帰ってきました。

呑みにいきました。

 

ぁぅ。。頭いたい。。二日酔い。。

 

ワインどんだけ〜呑むねん。 

 

友人、カナ(奏でると書く。)とは高校の時に出会い、同じ部活で励み、同じ男に恋したり、喧嘩したり、コンパしたり、数々の若気の至り、なんだかんだ今に至る。

いつだったか、サルサを習っていた奴が私のライブでクラブに遊びにきてくれた時、

『私はやっぱりこっちのほうがしっくりくるわ〜』

といって、HIP HOPなど無視して激しく1,2,ステップ、完全に浮いていた姿が面白すぎて腹抱えて笑ったよ。

いつも一風変わった友達を連れていて、代わる代わる紹介してくれた。

刺激的すぎた人々は私の脳に今でもしっかり刻まれていて、世の中にはいろんな人がいるんだな〜とはじめに教えてくれたのはカナだな。

それに、この女はやたら根性があって、『ダイエットする!』って宣言した3ヶ月後には心配するくらいにガリガリちゃんになっていた。 

勉強も頑張る人で、高校の時からいつも成績優秀、今じゃ英語もフランス語もぺらぺ〜らな努力家日本人&ロクロ回すのが趣味で今はYOGA。

高校を卒業して、カナダに留学していったカナと、NYの地下鉄で落ち合おうと約束をした日、せっかく痩せた体が見事にぶくぶく太っていて誰かわからず、2時間気付かなかった事もあったな。笑 

メトロポリタン美術館に一緒にいって私がサラーーッと絵を見終わると『信じらんない!?』ってフガフガゆって、『こんな素敵な場所、1日中でもいれるのに。』といっていた。

ある瞬間、合コンキラーでもあったカナは当時は金髪の激しく軽い風貌だったけど、留学先で出会った彼と付き合ってからは急に女らしく大人しくなった。

で、帰国してから、東京にいったんだっけ。なんでだっけ?ド忘れ。ただ、目的を達成する為には恐ろしいほどキッチリ損と得を考えて行動する人だったから東京にはたくさん得るものがあったにちがいない。 

でも、得だけを考えて、楽に生きよう。と思う人ではなくて、東京でひたすらアルバイトをして貯金しそのお金で『絵を勉強したい』といってフランスにいったんだよな。 

 

で、6年。 

 

現在はアトリエも持って、個展を開くまでになり、向こうで出会った日本人画家と結婚して新妻に。これがまたいい男なんだな。幸せにナっ。 

 
とにもかくにも、フランスで、そこらじゅー絵描きが溢れてる街で、日本人で、アルバイトしながらもベースは絵で生活している友人が私の自慢であり、尊敬し、パワーをもらえる存在。 

Imgp2273  
 ずっと夢を描き続けてよね。    

 

アーティストとは孤独だなーと思う事が時にあるけれど、遠く離れた国で踏ん張ってる彼女を思いだすと、まだまだおいらも頑張ろっと思うんだす。

 

久しぶりに会うのに、いつもどーり遅刻していく私。 

どうせ、遅刻してくるだろうと、予測して待ってくれる友人。

 

1年ぶりの再会は、泡盛で始まりワインに終わる。  

 

『うえ〜酔ったわ。 ほな またな』 でバイバイ。 

 

こんなかんじがいい。


友に感謝。

 

いい夜だった。 改めて乾杯。  

うっぷ。

 

 

Img8085_6

 

カナの絵

 

|

« | トップページ | »

コメント

カナさんはとっても素敵な人生送っていますね
しかも、美男美女のお2人・・・
う~ん。羨ましい・・・。って羨んだって何も始まりませんよね!私も何か行動を起こさないと!!!

投稿: クレール | 2007年10月 4日 (木) 15時02分

この日記すごく好きです

投稿: 莢花 | 2007年10月 5日 (金) 00時58分

かなさんは凄い人ですね☆
尊敬します!
私もがんばろっっ☆

投稿: tomoco | 2007年10月11日 (木) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« | トップページ | »